補償はあまり期待できない!?

大手の引越し業者なら、保険にも加入しているし、
万が一のことがあっても安心です!

 

ですが、調べてみるとそうではないことがわかりました。

 

営業所に問い合わせをしてみると、
「補償はしますが、損害分の修繕するかたちになります。」
どこの営業所、カスタマーセンターでもそう言われました。
中には、「受け答え兼ねます。もうよろしいでしょうか?」
といって話を中断してくる引越し業者も。

 

 

損害分の修繕とはいったいどのようなものでしょうか?
詳しく聞いてみたところ、
例えば、(先方さんの例え話です。)

 

「脚が4本のテーブルを運搬して、当社作業員の過失によって、
脚が1本折れた場合、脚1本を修繕して賠償します。」

 

このような説明を受けました。
また、別の会社では、
「購入時30万円以上の高級品があるとして、
当社が損害を与えた場合は、現在の時価で1%を補償します。」
とのこと。

 

30万円の品を傷つけておいて、
3,000円しか払うつもりがないようです。

 

壁を傷つけた場合も同様です。
「傷つけた壁の部分を修繕して補償します」と言われました。

 

 

壁の傷になると一般的な住宅では、
クロスですから、一部分だけ修繕しても
そこだけ色が変わってしまいます。
通常のリフォーム業者ですと、
一部屋まるまるクロスの張替えを提案する事例です。

 

 

私は、壊されたものは全額補償してもらえるのだと思っていました。

 

今回の問い合わせは、いずれも大手にしているので、
引越しの補償自体、期待できるものではなさそうです。

 

電化製品

 

引越し口コミサイトを見てみると、
トラブルがあった際には、
示談を持ちかけてくる業者も多いようです。
私の以前所属していた会社もそうでした。

 

 

机に小さな傷をつけられたとして、
その部分を修繕して賠償すると言われても、
後日、職員が調査に来て、事実関係を確認され、
社内審査が行われ、過失が認められてはじめて修復業者が補修しにくる...

 

 

そんな面倒なことをするくらいなら、
その場で現金を受けとった方が
お互いにとっておさまりが良い場合もあります。

 

 

心配な場合は見積もりの段階で、
補償についての質問を明確に答えてくれる業者を選びましょう。

 

各社の社内規定によって補償の適用範囲なども違います。
「運搬はするが、補償は適用範囲外」というものもあります。

 

例:楽器類、PCデータ、宝飾品、美術品、骨董、ペットなど。

 

回答を渋る業者は避けた方が賢明です。

 

>>引越し費用を安くするコツとはのページに進む